下取りより買取の方が得?

車を手放す時に、よく下取りまたは買取のどちらにしようかと迷ってしまうことがあります。買取は専用の業者に相談をして見積もってから交渉次第で買取してもらいますが、下取りは次の車を購入する際に前に運転していた車を見積もって査定をしてから下取りしますので、どちらもメリットとデメリットが付いてきます。買取業者は業者が多く見積もり金額が高い所で交渉し買取って貰うことができますので、相場の変動によって車の査定金額が違ってしまいますが、予め相場価格を知っておいて値段が高くなったタイミングに見積もってもらえば、その分だけのお金が手に入ることもできます。ただ次の車も同じメーカーで購入することを検討するならば、ディラーとの交渉によってはオプションを付けた時に値引きができること、または下取りした分だけの金額が値引きできますので、下取りもそれなりのメリットがあります。ただし次の車は別のメーカーにしたいなと考えているならば、下取りをしてもメリットがほとんど感じられないこともありますので、だったら買取専門の業者にて見積もってもらうことによって下取りしてもらうよりも高くなる可能性もあることから、手放すことだけではなく次の車のことを決めた後で得な方に見積もりましょう。