車を買い替える時は下取りをした方がよいのか?

車の買換え時には今まで乗っていた車の処分について悩むことがあります。

新しい車を買うお店で下取りに出した方がいいのか、買い取り専門店で買い取ってもらった方がいいのかという悩みは多くの人が抱えています。本当に良いのはどちらなのでしょうか。

下取りには下取りのメリットとデメリットがあり、買取には買取のメリットとデメリットがあるために一概にどちらが絶対に良いということはできません。

下取りはワンストップで買い替えを行うことが出来るため、複雑な手間をかける必要がないですが、同時に新車の値引きと下取り価格とが分かりにくくなりやすく、さらに下取りはディーラーの言い値になりやすいというデメリットがあります。

買取は複数の業者を比較することが出来るため高い買取価格をつけること多いのに対し、車を手放すタイミングと新しい車が来るタイミングが異なる場合もあり、一時的に車がない状態になってしまうこともあります。

どちらがより自分にとってデメリットが大きいのかということを考えて、下取りと買取の両方を一度は視野に入れて査定をしてもらうということも必要になってくることがあります。自分にとってメリットが大きな法を選ぶようにしてみてください。